春のセンバツ高校野球が中止になりました。
コロナウイルスの関係で、高校球児は大変つらい思いをしたことでしょう。
これは野球に限らず、春高バレーなど各種選抜大会が中止になったことも併せて確認しておきます。
彼らにとって、力を試す場が一つ減ってしまったわけです。本当に辛いことです。

今までの努力の成果を発揮することは部活動においては大変重要で、その場所が全国大会か、はたまた地区大会の1回戦か、というのは生徒にとってはそこまで重要ではありません。
「本気で自分の実力を試せる場があること」
が大切なのであり、これは学校行事などでも同じことが言えます。

そういった意味では、高校野球は夏の大会がまだ残っており、ほかの競技もインターハイがあるわけです。
ですから、それに向かって努力を続けることができるし、そこで成果を発揮してほしいと願います。

しかし、この状況がどこまで続くのかによって少し話が変わります。
最悪の場合、このまま引退だってあり得る。
生徒のことを考えたら、最後の成果を示す機会のない部活動はテストのない勉強のようで、達成感が得にくいのだろうなぁ…。
部活動廃止論が無駄に加速しないか心配です。
なんとか、最後の機会を与えて終わって欲しいと切に願います。



ブログランキング参加中!

教育・学校ランキング